マイスター資格者用「ワッペン」作成 おたる案内人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


meister.jpg 小樽観光大学校(山田勝麿・大学校長)は、このほど、おたる案内人最高位・マイスターの資格者用の「ワッペン」を作成した。
 おたる案内人は、小樽市長を学校長とする観光大学校が行う検定試験で、マイスター、1級、2級のランクがある。
 これまで、1級、2級の資格所得者には認定パッチがあったが、マイスターにはこれに変わるものがなかった。同大学校では、資格取得者からの要望を受けて、このほど、ジャケットや帽子など衣類に付けやすい「ワッペン」を作成した。
 ワッペンは、フエルト生地におたる案内人のロゴマークと”MEISTER”の刺繍がほどこされている。直径7cm・安全ピンつき、1個2,500円。
 おたる案内人のマイスター資格者は、現在18人で、このうちの3人がすでに購入し、小樽を訪れた観光客に対してワッペンをつけてのガイドを実施している人もいる。(写真提供:小樽観光大学校)
 関連記事
 小樽観光大学校「おたる案内人」