ソメイヨシノの花開く 市総合福祉センター 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


sakura0414-1.jpg 小樽商科大学へ上る坂”商大通”沿いにある小樽市総合福祉センター(富岡1)の脇に立つソメイヨシノの花が早くも開き、周辺住民に桜前線の訪れを告げている。
 札幌管区気象台が4月8日に発表した「さくらの開花予想」では、札幌地方で、開花平年値の5月5日よりも3日早い5月2日に桜が開花するとしていた。
 しかし、小樽では、この予想よりも2週間も早く、同所のソメイヨシノの薄いピンク色の花約10輪が開いた。
 花が開いた部分は、日中の太陽の暖かい光とその太陽を吸収した外壁の温度の影響で、sakura0414-2.jpg急激に開花が進んだと見られている。これ以外の桜のつぼみはまだ小さく、開花にはしばらく時間がかかりそうだ。
 同所の桜は、例年市街地の桜の中でも早く花開き、昨年は3月中にすでに開花したという。それに比べると、今年は、2週間程度遅い開花となるが、周辺を通る市民たちには、例年通り、桜のシーズンの訪れを実感させている。
 Youtubeチャンネル