GWはイベント盛り沢山 観光施設も次々オープン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ゴールデンウィークが本格的にスタートする。小樽市内では、観光施設がオープンしたり、各地でイベントが盛り沢山となっている。
 4月29日(水)は、旧寿原邸(東雲町8)や朝里ダム記念館(朝里川温泉2)、手宮緑化植物園(手宮3)、長橋なえぼ公園「森の自然館」(幸1)がオープンする。
 旧寿原邸は、水天宮への坂の途中にある。小豆将軍と呼ばれた高橋直治が、坂の高低差を巧みに利用して建築した邸宅で、後に寿原外吉が所有し、市に寄贈した。2008(平成20)年からは、NPO北海道職人義塾大学校(佐々木徹理事長)が管理運営している。一般開放とともに、小樽の職人たちによる製作体験も行う。一般開放は、土・日・祝日の10:30~16:00のみ。入場無料。
 朝里ダム記念館は、1993(平成5)年の朝里ダム完成によって建てられた観光施設。パネルや模型の資料展示をはじめ、ダムに関する記録映画の放映、来訪者へのインフォメーションを行っている。一般開放は、10:00~16:00。入館無料。
 手宮公園内にある手宮緑化植物園は、小樽港を一望できる絶景の眺望地点として知られ、ツツジ園、自然生態園、桜並木など花と緑を楽しめる。開園時間9:00~17:00。入園無料。5月2日(土)から6日(水)まで、春の緑化フェアを開催し、花の苗の無料配布(先着100人)などを実施する。こちら
 長橋なえぼ公園は、旧営林署苗圃跡地(31.ha)の「自然生態観察公園」で、野鳥や小動物などを観察できる。園内の森の自然館には、学習室や図書コーナー、工作室、展示室を備えた情報センターもある。開館は、9:00~17:00。入園無料。こちら
 5月1日(金)には、大自然に囲まれたおたる自然の村(天狗山1丁目国有林野4152林班)が、オープンする。宿泊施設やキャンプ場、日帰りでも使用できるパークゴルフや、クラフト工芸も楽しめる施設がある。こちら
 小樽市総合博物館(手宮1)では、赤岩海岸自然観察会やゴールデンウィークチャレンジラボ、天文教室~昼間の金星を見よう、「五月の節句」などのイベントが行われる。こちら
 小樽図書館(花園5)では、映画の会やおたる子ども劇場ぐうちょくぱあ人形劇が予定されている。こちら 
 小樽天狗山では、「世界天文年2009」に併せて星空観測会を実施する。また、期間中、天狗山を訪れた人には、山頂にある天狗桜の開花日を予想してもらう企画もある。見事、開花日を当てた人にはプレゼントが用意されている。こちら チラシ
 ウイングベイ小樽では、ゴールデンウィークFESTAと題したイベントを実施する。札幌音楽処プレゼンツLiveや侍戦隊シンケンジャーショー、炎神戦隊ゴーオンジャーショー、キャラクターショードラえもん、Yes!プリキュア5GOGO!ショーなどが予定されている。こちら