中川和子コンサート ピアノソナタシリーズ最終回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽出身のピアニスト・中川和子さん(53)がファンクラブコンサートで続けてきた、ベートーヴェン・ピアノソナタ全曲シリーズの最終回が、5月29日(金)19:00から、市民センター・マリンホール(色内2)で開催される。
 中川さんは、東京音楽大学ピアノ科演奏家コース、オーストリアのウィーン国立音楽大学ピアノ演奏科を卒業。帰国以来、国内外の演奏家との共演、ソロ・リサイタル、室内楽などを行い、ヨーロッパでも高い評価を得ている。2009(平成21)年1月には、市の文化貢献賞を受賞した。

 1997(平成9)年から、自身のファンクラブ”ハンマークラヴィア”のコンサートで、ピアノソナタ(32曲)の全曲シリーズをスタート。これまで10回開催し、今年最終回を迎えることになった。
 最終回の演奏は、「第29番変ロ長調、Op.106」。45分間の大作で、「ピアノ弾きとして、弾きたい曲、弾かなくちゃいけない曲というのがあるが、私にとってどうしても弾いておきたい曲がベートーヴェンのソナタだった。今回、全32曲の中で、45分間の長い演奏で集中力を保つのが大変だが、初めての挑戦なので頑張りたい」と話している。
 「中川和子ファンクラブ”ハンマークラヴィア”コンサートVOL.27~ベートーヴェン・ピアノソナタ全曲シリーズ最終回~」は、5月29日(金)19:00から。入場料3,000円。コンサート終了後に交流会も予定されている。問合せ:0134-29-1719
 関連記事