海の日イベントが中止 小樽に強い雨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0719.jpg 7月19日(日)、小樽市内は、発達中の低気圧の影響で大雨に見舞われた。
 市内には、19日(日)0:00から13:00までに、35mmもの雨が降った。13:55には、札幌管区気象台が、後志北部「強風,波浪注意報」を発表した。
 この強い雨の影響で、築港地区で予定されていた「ボート天国・市民舟遊び」や「海とあそぼう マリン・フェスタin小樽」の海の日にちなんだイベントが中止となった。
 また、小樽運河の浅草橋街園で17日(金)から開催されている「09 おたる浅草橋☆オールディーズナイト vol.6」では、ステージや客席にテントを張るなどの応急措置に追われた。しかし、この雨の中でも、三々五々と市民たちが会場を訪れ、運河に広がる懐メロを楽しんだ。
 市内中心街の歩道や交差点では、傘をさした歩行者が急ぎ足で目的地に急ぐ姿が多くみられた。
 同気象台は、「後志地方の海上と石狩中部・南部、後志地方の陸上では、20日未明まで、突風や高波に注意して下さい。日本海中部には梅雨前線を伴った低気圧があり、20日未明にかけて、北海道の太平洋側を発達しながら通過する見込みです」としている。
 関連記事