文教堂書店跡に「エコタウン小樽インター店」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


reuse.jpg 6月に閉店した文教堂書店小樽店(勝納1)跡に、9月25日(金)からリユーズショップ「エコタウン小樽インター店」がオープンする。
 北海道内でリサイクル中古品小売事業を展開する「株式会社エコノス」(札幌・長谷川勝也代表取締役社長)が、中古品販売の3店舗を集約して開く。
 1階に本・CD・ゲーム・DVDなどを扱う「ブックオフ」とホビー・コレクション・食玩・カード・ノベルティなどの「ホビーオフ」。2階に家具・ブランド・婦人服・子供服・インテリア雑貨などの「オフハウス」を設置し、約25万点の中古品を揃えることにしている。 株式会社エコノス
 小樽初進出となった同社は、「小樽に出店したくて何年も前から物件を探していたところ、ちょうどこの物件が紹介された。文教堂さんも黒字経営だった聞いている」と期待する。
 9月7日(月)から商品搬入が始まり、11日(金)10:00~19:00から中古品の買取をスタートさせる。グランドオープンは、9月25日(金)から。
 ブックオフの営業時間は、10:00~22:00。ホビーオフとオフハウスは、10:00~20:00。年中無休。
 関連記事