穏やかな温かい日和 最後の紅葉 鮮やか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1106-1.JPG
 11月に入り急に冷え込み初雪が到来した市内は、1日(日)から3日(火)の冷え込みと、4日(水)から6日(金)の温かさとが10℃近くの気温差となっている。
 小樽の初雪は、天狗山周辺で11月1日(日)、市街で2日(月)に観測された。
1106-2.JPG 11月に入り、気温が急激に下がり、1日(日)は最低気温2,3℃、最高気温6.9℃、平均気温4,6℃となった。2日(月)は最低-3.2℃、最高3.0℃、平均-0.9℃。3日(火)は最低-3.1℃、最高4.8℃、平均0,4℃で、12月上旬並の寒さを記録した。
 しかし、初雪が過ぎた4日(水)には最低4,1℃、最高13.5℃、平均9.7℃となった。5日(木)は最低5.3℃、最高14.5℃、平均9.3℃。6日(金)は最低4,3℃、最高14.6℃と、10月中旬並まで上昇した。
 1日から3日は12月上旬並に冷え込んだが、4日から6日にかけては一転して10月中旬並の気温に戻った。
 初雪を被った木々も、この温かさで息を吹き返している。6日(金)は、快晴の温かい天候が広がった。小樽公園の入口付近は、目に鮮やかな最後の紅葉が陽に映えていた。
 札幌管区気象台は、今週末の7日(土)・8日(日)はさらに気温が上がり、最高気温が19℃と予報している。今週末は、厳しい冬を迎える前の穏やかな晩秋の一日となりそうだ。今秋最後の紅葉狩りに絶好の日和となりそうだ。