小樽かね丁鍛治で作業中に事故 従業員1名が死亡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kaji1.jpg 11月16日(月)15:21頃、株式会社小樽かね丁鍛治(長橋5・寺井聡代表取締役)で、作業中の従業員が荷物運搬用エレベーターに挟まれ死亡する事故が発生した。
 事故は、同社冷蔵庫内の冷凍庫で起こった。営業担当の従業員・細矢俊博さん(43)が、受注商品を取りに行こうとした際に、エレベーターに頭部が挟まれた。15:21に119番通報を受けた市消防本部の救急隊が現場に駆けつけたが、ほぼ即死状態だった。
kaji2.jpg このエレベーターは、荷物を運ぶためのもので床面しかなく、側面には防護用の柵などはつけられていない。
 飯寿しなど水産加工品・製造販売の同社は、今年3月に自己破産したが、株式会社栗原恒次郎商店(稲穂4)によって、6月1日に、「株式会社 曲丁 鍛治商店」から「株式会社小樽かね丁鍛治」と社名を変えて事業を再開していた。正月用の飯寿し製造のピークを迎えた矢先のことだった。
 関連記事
 株式会社小樽かね丁鍛治