「SLクリスマス in 小樽」に乗って小樽観光 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 クリスマスイルミネーションが輝く蒸気機関車「SLクリスマス in 小樽」が、12月11日(金)19:12、JR小樽駅裕次郎ホーム(4番ホーム)に到着した。冬の小樽駅構内に白煙が広がり、甲高い汽笛の音が響いた。
 同機関車は、12日から25日までの9日間だけ、札幌ー小樽間を結ぶクリスマス限定列車。 黒い重厚な蒸気機関車「C11型」の車体にイルミネーション、車内にはクリスマスツリーを設置。サンタクロース衣装の乗務員が乗客を迎え、冬のロマンチックな汽車の旅を提供する。
 初日の運行は、満席(定員216席)となった。「SLクリスマス in 小樽」は、大勢の客を乗せて、18:24に札幌駅を出発。白い煙を吹き上げ、雪の少ない札幌ー小樽間を疾走。到着の合図の甲高い汽笛を響かせ、19:12に裕次郎ホーム(4番ホーム)に到着した。
 乗客たちは、列車の扉が開くと一斉に列車の前に並んで記念撮影に興じ、駅から市内散策に繰出した。
 家族と友人と乗車した札幌手稲区の坂井理崇くん(10)とくるみさん(13)は、「蒸気機関車の煙の匂いがしたり、汽車の床が木の板だったり、歴史を感じた。SLが好きで毎年乗っている。秋のニセコ号も乗った」と喜んでいた。
 クリスマス列車の運行は、12月11日(金)・18日(金)・24日(木)・25日(金)の平日と、12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)・23日(水・祝)の休日の9日間。
 平日は、18:24札幌発ー19:12小樽着、2時間滞在後、21:00小樽発ー21:45札幌着。
 休日は、11:16札幌発ー12:03小樽着、5時間滞在後、17:14小樽発ー18:02札幌着。
 全車指定席。800円の指定券プラス札幌~小樽間の620円。子供は半額。
 市内では「小樽ロングクリスマス2009」(小樽観光協会主催)が開催中。市内の宿泊・飲食・観光施設が連携し、クリスマスにこだわった商品を提供し、ロマンチックなスポットを設置している。JR小樽駅では、市内11工房によるガラス作品の展示会も開いている。関連記事
 JR北海道では、平日は会社帰りに恋人と仲間と、休日は家族やカップルで楽しんでと呼びかけている。