商大生がクリスマスイベント サンモール一番街

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「サンモールを通るだけでクリスマス気分が味わえちゃいます」。小樽商科大学の学生たちが、12月24日(木)・25(金)のクリスマス当日に、サンモール一番街の閉まったシャッターを飾りつけし、ライブやキャンドル点灯などを行い、商店街を明るく演出する。
 このイベント「サンタモール一番街」は、小樽の活性化を目指して活動する商大の学生サークル「小樽笑店」(松田愛美代表)の主催。2008(平成20)年に結成し、第1回サンタモールをはじめ、地域イベントへの参加などの活動を行っている。
 第2回サンタモールでは、紙コップに願いを書いてキャンドルに灯をともす「願いのかなうキャンドル」、サンタさんとトナカイに色を塗ってシャッターに飾る「ぬりえ」、「ガア助くんのクリスマスライブ」などのイベントを企画している。しゃてきやヨーヨーすくいなどのえんにちも設置する。詳細はこちら
 「24、25日はシャッターもきれいに飾り付け。サンモールを通るだけでクリスマス気分が味わえちゃいます!クリスマスはぜひサンモールへ行こう!!」と、市民の来場を呼びかけている。
 同イベントは、12月24日(木)・25(金)11:00~18:00、旧サンモールNEO前。問合せ:080-5195-4653
 関連記事1 関連記事2
 小樽笑店