高島岬の日和山霧信号所 約100年の歴史に幕 (2010/03/25)

 小樽海上保安部所管の日和山霧信号所が、3月31日(水)で、約100年の歴史に幕を閉じることになった。

 日和山霧信号所は、高島岬にある日和山灯台に併設されている施設。1911(明治44)年に運用が開始され、音波標識として、霧や吹雪などで視界不良時に、運行船舶に音で陸上の位置を知らせ、約100年間、安全航海の一役を担っていた。

 近年の船舶のレーダーやGPSの普及に伴い、海上保安庁では、全国9基(道内8基)の霧信号所を順次廃止してきており、3月末日までに全廃することを決めている。このため、高島岬にある施設も、3月31日(水)10:00にその役割りを終えることになった。

 同部は、3月31日(水)10:00に廃所式を実施し、100年間の労をねぎらう。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

オリジナルカップ麺に笑顔!新年子ども会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈