白いトドの赤ちゃん 水に溺れ死亡 (2010/06/15)

todo-retara.JPG 11日(金)に生まれた世界的にも珍しい白い体毛のトドの赤ちゃん「レタラ」が、15日(火)、水に溺れて死亡しているのが見つかった。

 早朝、同館職員が、「レタラ」の様子を見に飼育場に行ったところ、陸にいるはずの赤ちゃんの姿がなく、辺りを見回すと水に沈んでいたという。

 飼育部・角川雅俊獣医師は、「順調に授乳していたが、母親にとって初めての子育てで慣れていなかった。本来、生まれて一週間近くは泳ぐことがへたくそな赤ちゃんが、水際に行こうとすると、母親がすぐに陸に戻すのだが、それが出来なかった。夜は陸で寝ていたのに」と残念そうに話していた。

 アイヌ語で「白」の意味を持つ「レタラ」と命名された赤ちゃん。国内で例のない白い体毛で、アルビノ・先天性白皮症(先天性色素欠乏症)とは異なり、関係者から注目が集まっていた。

 同館では、11日(金)・12日(土)の2日間で2頭のトドの赤ちゃんが生まれており、12日(土)に誕生した「クンネ」は順調に育っている。(写真提供:おたる水族館)

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬道安全運転講習会 約40名が体験

冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈