Tシャツ買って潮まつりで花火をあげよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 市民有志が、オリジナルデザインのTシャツを販売し、その収益で、「第44回おたる潮まつり」で花火を上げるプロジェクトを進めている。
 「花火プロジェクト」は、居酒屋「らく天」(稲穂2)の店主・工藤貴演さん(41)が、常連客の主婦・大山美紗子さん(26)と会社員・小野雄さん(26)と「I ラブ OTARU アゲル会」を結成し始めた。昨年は、Tシャツを535枚販売し20万円を寄付した。
 2年目の今年は、大山さんが打ち上げ花火をイメージしてデザインした「文月花日」と「むかいあう舟」の2種類のTシャツを製作。サイズは、100~160、S、M、L、XL、XXL、XXXLの13種類。1枚1,300円で販売し、このうち500円を寄付する。
 目標は、100万円の寄付で、このためには、Tシャツを2,000枚販売しなければいけない。工藤さんは、「今の不景気では、昨年お願いしたところには頼みづらい。すごく厳しい。それでも、なんとか皆さんのお力を借りて、『すんごい花火』を打ち上げたい」と、仕事の合間に市内各所を回り、販売に汗を流している。
 潮まつり花火大会の予算の関係上、今週中には寄付状況を報告する必要があり、同会では、早めの申込みを呼びかけている。
 「第44回おたる潮まつり」は、7月23日(金)~25日(日)の3日間。「I ラブ OTARU アゲル会」の花火は、25日(日)20:00から打ち上げられる。
 問合せ:0134-22-6336 「I ラブ OTARU アゲル会」(らく天内)
usiTshirt.jpg