8月の大雨による災害復旧予算を追加 市議会で先議

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 9月13日(月)に開かれた小樽市議会第3回定例会で、市が追加で提案した8月の大雨による災害復旧予算9,790万円が全会派一致で可決された。
 市は、同定例会で、災害復旧予算を1億220万円を計上し、すでに開会日の8日(水)に可決されていた。当初から、大雨の被害を精査したのち追加予算を計上することにしていたが、このほど、市道や河川などの復旧費、公営住宅管理道路補修費などを含む9,790万円を追加提案した。
 早急の復旧が必要とのことから、この13日(月)での先議を求め、市議会もこれを了承し全会一致で可決した。
 関連記事