「おたる産しゃこ祭」11/20・21 商業高生がクイズでPR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽沿岸で漁獲される秋シャコの知名度アップとブランド化を目指す「第3回おたる産しゃこ祭」が、11月20日(土)・21(日)の2日間、運河公園(色内3)で開催される。
 小樽市漁業協同組合と同実行委員会の主催。道内で秋にシャコ漁を行うのは小樽市だけで、この知名度アップとブランド化によって、小樽の地域経済の活性化を目指している。
 3年目となった今年は、約4万尾のシャコを用意し、しゃこ浜なべ(1杯300円)・焼きしゃこ(1本200円)の実演販売や、冬の海産物販売などの恒例イベントを行う。市内レストランなどによるしゃこバター醤油ラーメン、しゃこパエリアなどのオリジナル料理販売も実施する。
 また、新企画として、同時開催の料理フェアに参加する店舗の割引券や協賛品が当たる抽選会、小樽商業高校生による「しゃこ次郎からの挑戦」などを用意する。
 商業高生のPR企画では、商業研究同好会が、シャコの生態クイズやパネル展示を行う。「高校生の力を借りて、若者や子供たちに、見た目は悪いけれど味は良いということをPRしてもらいたい」(同実行委)としている。高校生プロデュースのしゃこ祭の公式キャラクター「荒波しゃこ次郎」カンバッジの配布も先着200名に行う。
 市民などからオリジナルのしゃこ料理レシピの募集も予定している。現在企画中で詳細は後日決定する。
 会場では、シャコの商品開発に取り組む小樽市漁業協同組合が、シャコの煮汁から作る醤油、ダシ、タレの3種類のシャコエキスのお披露目も行う。
 「第3回おたる産しゃこ祭」は、11月20日(土)・21(日)10:00~15:00の2日間。
 関連記事1 関連記事2
syakofes.jpg