消防職員・団員530人が年頭パレード 「消防出初式」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 小樽市の消防職員・消防団の500人が、1月9日(日)10:00から、都通り商店街を力強く行進した。
syouboudezome.jpg このパレードは、毎年1月上旬に行われる消防関係者による仕事始めの行事「消防出初式」の一環。
 消防職員約130人・消防団員約400人の総勢530人は各小隊に分かれ、-5℃の氷点下の中、消防行進曲に合わせて力強く行進。市民や商店主たちは、体を丸めながらこのパレードを見守っていた。
 パレード終了後の10:30からは、市民センター・マリンホール(色内2)で、消防団員勤続表彰や優良消防団員表彰などを実施した。