市長後援会のパー券事件 5会派が緊急質問で足並み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 5月23日(月)・24日(火)の2日間の予定で開かれる小樽市議会第1回臨時会で、市役所内で起きた中松義治新市長(64)後援会のパーティー券販売事件について、自民・公明・共産・民主市民・一新小樽の5会派が揃って緊急質問することが、19日(木)10:00~12:00に開かれた各会派世話人会で決まった。
 第1回臨時会は、23日(月)・24日(火)の2日間。1日目は、正副議長の選挙、常任委員会・特別委員会の選任などが行われる。この後、中松市長が、補正予算案や条例改正案・専決処分報告等の提案説明を行い、散会する見通し。
 2日目は、市長提案の議案に対する質疑後に、緊急質問に入ることを世話人会で決めた。緊急質問は、共産党の北野義紀議員が当初から提案しており、事件がさらに拡大したことを受けて、ようやく各会派も行うことに足並みを揃えた。