さくら祭りスタート! 28日に商大生のイベント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽さくら祭り実行委員会(中村全博委員長)主催の「さくら祭り」が、市内商店街で26日(木)から3日間の日程で始まった。
 今年は、「がんばろう東北・関東!小樽も元気に!」をコンセプトに、””喰い倒れ大会”をメインとして小樽の夜の活性化を目指す。
 ”喰い倒れ大会”は、寿司・麺類か焼肉・スイーツの3店を巡るファミリーコースと寿司と飲み屋の2店を巡るナイトコースの2種類。チケット販売は順調でほぼ完売に近いという。
 最終日の28日(土)には、小樽商大の学生たちが率先して参加するステージイベントが企画されている。17:00からの「YOSAKOIソーランパレード・演舞」では、梁川通り、都通り、サンモール一番街の中心商店街をパレードするほか、音響機材を載せたよさこい用の「地方車」(じかたしゃ)の披露もある。
 花銀商店街の特設ステージでは、16:00から、「小樽商科大学応援団」、チアリーディング「小樽商科大学 ドルフィンズ」、タヒチアンダンス「雛ソフィア」、小樽太鼓衆「鼓響」打演などのイベントが予定されている。
 関連記事
 第7回 小樽さくら祭り