チェンバロとドイツ語の朗唱 at 小樽坂牛邸 7/7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ピアニストの福田直樹さんと、治療教育者で演出家の川手鷹彦さんのコラボレーションのコンサートが、
7月7日(木)18:30から、小樽・坂牛邸(入船5)で開かれる。
坂牛邸は、1928(昭和3)年に建てられた木造2階(225.81平米)の個人住宅。帝国ホテルや、火災で焼失した坂別邸(小樽市見晴町)の設計などで知られる、近代建築の父と言われた建築家・田上義也氏設計のモダンな洋館。小樽公園西側の白樺林に面し、当時の建築様式を示しており、80年の歴史がある。
この由緒ある坂牛邸で開かれる「チェンバロとドイツ語の朗唱 at 小樽坂牛邸 7/7」は、ライオンとイルカの会の主催。
「藝術と治癒教育」をテーマに、チェンバロとドイツ語の朗唱で、特別な配慮の必要な子どもたち(発達障害を持つ)についての福田・川手さん二人への経験に基づく質疑応答で、テーマを掘り下げる。
7月7日(木) 開場18:00 開演18:30 会費3,000円。チケット販売:ヤマハミュージック小樽店0134-25-0029 問い合わせ:ジェンキンズ則子 TEL0134-27-0963 (18時以降)
◎関連記事
cembalo.jpg