「しりべし経済レポート」 北海道財務局小樽出張所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道財務局小樽出張所は、「管内経済は、東日本大震災の影響により、弱い動きが続いているものの、一部に持ち直しの動きがみられる」とする、4月〜6月期の「しりべし経済レポート」を、8月19日(金)に発表した。
 同時に、平成23年6月分の「しりべし管内金融月報」を明らかにした。6月末での≪預金≫と≪貸出金≫の推移をまとめている。
 預金では、「6月末の預金残高は8,563億94百万円で、前月同月比208億2百万円、2.5%の増加となった」。貸出金では、「6月末の貸出金残高は、3,484億92百万円で、前月同月比44億67百万円、1.3%の減少となった」としている。
 北海道財務局小樽出張所
 しりべし経済レポート
 しりべし管内金融月報