宮城県塩釜市より感謝状 堺町ひまわりプロジェクト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


himawarikansyajou.JPG 堺町通りの若手経営者らで作る「堺町どんこん会」が、3月11日の東北大震災の被災地に対し、ひまわりスマイルプロジェクトと題し、5,000通ものエールを送り続け たことで、宮城県塩釜市より、「心温まる支援を行い、本市の復興に大きく貢献」したとして感謝状を受けた。
 同プロジェクトでは、堺町各店にメッセージBOXとメッセージカードを設置。ハガキでも公募したことから、小学生や大学生など多くの人たちからエールが寄せられ、集まったメッセージは5,000通を超えた。このメッセージをひまわりの種とともに被災地へ送り続けたことから、塩釜市教育委員会は、11月1日付で感謝状を贈った。
 プロジェクトリーダーの千葉玲子さん(小樽浪漫館店長)は、「残念ながら授賞式には行けなかったが、感謝状を送付頂き大変嬉しく思っている。今後は別の形で被災地の方々にエールを送れるような取組みをしたい」と話していた。
 ◎関連記事