小樽に「暴風雪・波浪警報」 札幌管区気象台発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0404weather1.jpg 台風並みに発達した低気圧が、強風雨を伴い日本列島を縦断し、交通機関等に大きな影響を与えているが、北海道でもこの低気圧が通過中で、道内は大荒れの天候となっている。
 4月4日(水)、札幌管区気象台は、小樽市に、暴風雪・波浪警報、高潮・着雪注意報を発表、なだれ注意報を継続し、4日朝から4日夜遅くまで、暴風雪・高波に警戒を呼びかけている。0404weather2.jpg
 4日の小樽は、早朝から雪混じりの強風が吹きつけ、急激にマイナス気温に下がり、真冬に逆戻りしている。小樽港の防波堤には、高い波が押し寄せており、陸上も海上も大荒れの天候となっている。
 吹きつける暴風雪で、家々の屋根は真っ白の雪が覆われ、再び、冬景色を現出している。
 気象警報・注意報:石狩・空知・後志地方
 気象警報・注意報:小樽市