韓国語で交流しよう! 日韓会話集発行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


language1.jpg 小樽市は、平成22年7月にソウル特別市江西区と姉妹都市を提携し、相互に交流を深めてきた。今後様々な分野での交流が進むことが考えられ、意思疎通に役立て、交流を深めてもらおうと、小樽市姉妹都市提携委員会では、「韓国語会話集」300部を発行した。平成2年に英語会話集、平成3年にロシア語会話集を発行し、今回3冊目となる。
 手に持ちやすいポケットサイズで全84ページ。初対面の挨拶と自己紹介から始まり、「はじめまして、お会いできてうれしいです」などの文が、韓国語と日本語で書かれ、読み方はカタカナと韓国語で表記されている。日本人と韓国人のどちらにも役立ち、会話で使う言葉や短い文章が集められている。作成には、小樽商大の留学生の協力を得た。語学用としては、物足りなさをがあるが、交流時には充分活用出来るとしている。
language2.jpg 「自分の町の紹介」を目次から引くと、「あなたの市の主な産業は何ですか」とあり、「観光です」・「商業です」と答え方が載っている。小樽の人口や学校の数、雪が多いなど、小樽向けに作られている。同事務局では「市民の交流に役立ててもらいたい」と話している。
 使節団交流会の出席者、ホームスティを引き受けるホストファミリー、江西区を訪問する使節団の希望者には、無料で配布し、一般には1冊300円で、市役所(花園)本館2階同会事務局(総務部秘書課国際交流担当)で領布している。書店での販売はない。
 問合せ:0134-29-4544 内線456 小樽市姉妹都市提携委員会事務局