出会いを求めた街コン 『春よ恋い』に40名集う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


machicon1.jpg 第8回さくら祭りのイベント・街コン「春よ恋い」が、5月25日(金)に開かれた。19:00に、サンモール商店街(稲穂1)特設ステージ前に、40名が集合した。その後、エンペラー(色内1)を会場として飲み放題とオードブルが提供された。
 今年2月の小樽雪あかりの路で「雪やコン婚」と題して街コンが開かれ、142名の男女が集まり、大変好評に終わった。その第2弾として「春よ恋い」が企画された。
 予定してた人数よりは少なかったが、市内在住の30〜40代が多く参加していた。会場では、男女が向き合って座り、楽しそうな話し声が響いていた。
 中村全愽・さくら祭り実行委員長は「出会いが一番のテーマ。大いに楽しんでください」と挨拶し、乾杯の音頭を取った。machicon2.jpg
 小樽商大生のスタッフ10名が司会をし、会場を盛り上げていた。ゲームや抽選会、告白タイムが行われ、参加者は楽しい時間を過ごしていた。2次会の利用として、通常よりも安く利用できる飲食店も用意している。
 商大生スタッフは「明るく盛り上げる手伝いをしたい。皆さんの出会いに繋げられたらうれしい。楽しい時間を過ごしてもらいたい」と話していた。
 参加した市内の20代女性は「このようなイベントは初めてで楽しい」と話し、市内20代男性は「雪やコン婚に参加し、楽しかったので、今回も楽しみにしていた。いろいろな人と話ができて楽しい。雰囲気も良い」と笑顔で話していた。