人気の和洋菓子勢揃い "OTARUスイーツフェスタ"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


otarusweets1.jpg OTARUスイーツフェスタが、1月26日(土)・27日(日)10:00〜17:00、ウイングベイ小樽(築港11)ネイチャーチャンバー前広場で開催された。小樽発の和洋菓子店22店舗が一堂に会し、スイーツ好きの市民や買い物客が大勢訪れていた。
 総合人材サービス会社の株式会社ホープ・ワン(築港11)が主催。道内でも小樽の菓子は歴史が古く、伝統ある店も多い。地元市民に小樽菓子の魅力を伝え、スイーツを通して小樽が元気になってもらいたいと、今回初めて開催した。
 同社・田原かおり営業部長は、「沢山の方にお越しいただき、美味しいスイーツを堪能してもらいたい。召し上げるだけではなく、子どもから大人まで楽しめる制作体験を開催。小樽で活躍している店舗が一堂に会し、この会場で美味しい物が手に入る」と話した。
otarusweets3.jpg 会場では、参加各店自慢のスイーツを陳列。「いらっしゃいませ」の声が響いていた。各店舗では試食を用意し、商品について詳しく説明を聞きながら、買い物客が味を確かめて購入ていた。また、同社社員20名が揃いの赤いエプロン姿で販売を手伝っていた。
 あまとうでは、マロンコロンやアイスクリームなど人気商品を販売。フェスタ限定商品ロールケーキも用意。イチゴクリームと抹茶イチゴぜんざいロールの2種類各320円で販売。ル・キャトリエムのフルーツタルトもフェスタ限定で735円、フルーツとイチゴの2種類で、すべての盛り付けが違い、その中から好きなものを選ぶことができる。このフェスタだけ楽しめるスイーツや、普段店舗のみでしか販売してしていない店も参加し、多くの種類のスイーツを楽しむことができた。
 ガトーフレール(銭函)の土鍋プリン(1,260円)は、直径18cmの土鍋に入ったカスタードプリン。フルーツをトッピングしている。北海道スイーツ選手権小樽エリア三ツ星スイーツ受賞。20個用意したが、販売開始30分で完売となった。
otarusweets2.jpg 木村製菓(新光)の金時甘納豆、白花甘納豆、小豆甘納豆は各100円。ワイン仕込みの甘納豆は160円と格安。小樽新倉屋(花園)では、和菓子作りの道具木型を展示し、人気商品の和菓子をずらりと並べ販売していた。
 また、和菓子・ケーキ制作体験を各500円で開催。つくし牧田では、小学生と中学生対象の時間を分けて開催。11:00の小学生対象の体験会では、参加者が小さな手で練りきりを丸めていた。ル・キャトリエムでは、いろいろなトッピングでケーキを作る体験会を各日3回予定している。
 市内の50代女性は、「小樽に住んでいるので、食べたことがあるスイーツが並んでいた。バニラビーンズ入りのプリンが美味しい。ルタオのチーズ入りプリンも食べてみたくて買った。これから、見て回りたい」と話していた。