今年度初のトドの産声!おたる水族館で赤ちゃん誕生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月下旬から6月上旬頃がトドの出産シーズンとなり、おたる水族館(祝津3)では、6月4日(火)8:45、トドの赤ちゃんが産声を上げた。今シーズン初めてのトドの出産で、関係者を喜ばせている。
aqua-todo2.jpg 生まれたのは、同館海獣公園内トドプールにいる体重800kgもある最強の食いしん坊と呼ばれる父「ガンタロー」(19歳 ・過去繁殖21例)と、元気いっぱいパワフルトド「まもこ」(12歳)の子ども。体重15~20kg、体長約1m、性別不明で、分かり次第名前を付ける予定。
 職員は、タイミング良く出産シーンの動画撮影に成功している。添い寝をしたり、授乳をする姿が見られ、来館者は「かわいい」と見入っていた。母乳の飲みが良く、充分に足りている様子。朝と夕方に授乳し、日中は母子が寄り添い昼寝をしている。母子共に健康で、母「まもこ」の母性愛を感じられる。一方、父「ガンタロー」は、子どもを踏みつける危険があるため、柵が張られた中で生活している。1週間~10日くらいで泳げるようになり、半年~1年くらいで乳離れをする。今後、オスならショーに出演させたい意向だが、今のところ未定。aqua-todo1.jpg
 母「まもこ」は、2009年に死産を経験。2010年には、白いトドを出産したが水死。2011年にメスを出産し、九州の水族館へ嫁いでいる。今回で4回目の出産となる。
 同館では、トドの出産は、年間平均で1~2頭。昨年は、レオ(オス)1頭の出産のみで、現在ショーへの練習に励んでいる。今後、1頭の出産を予定している。
 飼育部担当者は、「かわいい赤ちゃんと、それを見守る母親の愛情を、是非この機会に見てください」と呼びかけている。