"春のみやこ市"レシートでチャンス! 都通り商店街

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽都通り商店街振興組合(石山和則理事長)の春の恒例イベント「春のみやこ市」が、3月9日(月)から3月末まで開催中だ。
s-miyacoichi1.jpg 期間中、加盟店舗で買い物した3,000円分のレシートを1口として専用封筒で応募すると、1組に温泉ペア宿泊券や200名に国産和牛や商品券が当たる、「春のレシートチャンス」が始まった。
 同商店街の集客のため、初日9日(月)の朝刊にチラシを折込み、市内に配布しPRを行なった。縦約27cm・横76cmの長くて特徴あるチラシには、商店街・67店舗が一目で分かるように地図が描かれ、その内、「春のみやこ市」加盟店・42店舗を分かりやすく番号で表記し、地図の回りには、各店舗の紹介とセール内容など写真入りで紹介している。
 春のレシートチャンスとは、期間中、加盟店舗で買い物をしたレシート3,000円分を1口として専用封筒に入れ、氏名・住所・電話番号・性別・希望賞品等の必要事項を明記して、各店舗やふれあいプラザで応募する。応募締切は、平成27年3月31日(火)。当選者の発表は、4月上旬を予定している。
s-miyacoichi2.jpg A賞は、定山渓温泉「翠蝶館」エステ付き1泊2日ペア宿泊券を1組に、B賞は、5,000円分の国産和牛10名に、ステーキ用、すき焼き用のどちらかを選べる。C賞は、都通り商店街商品券3,000円分を40名に、D賞は、同商店街商品券1,000円分を150名に。また、チラシにあるアンケートに答えると、同商店街商品券2,000円分を10名にプレゼントする。
 鈴木創事業委員長は、「冬の間しばらく出かけていなかった人も、雪解けが進んで春となり、商店街へ出かけてもらいたい。商店街の店舗のお知らせを兼ね、春のみやこ市を開催。地元の方々にもこんな店があることを知ってもらい」と話した。
 今後、4月は、特大こいのぼり30本が舞う風っ子まつり。5月から10月までの毎週土曜日には、無農薬野菜の販売。6月は、みやこ市(レシートチャンス)。8月は、ビアガーデン・バザーなどの都通りサマーナイト。9月は、アートストリート、レシートチャンス、野菜販売などを行なう秋のみやこ市を予定している。
 問合せ 0134-32-6372 小樽都通り商店街振興組合