積雪で通行止!市内~毛無峠~赤井川

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1014weater.jpg 札幌管区気象台は、10月12日10時28分に「雪に関する石狩・空知・後志地方気象情報 第1号」を発表。
 「石狩・空知・後志地方では、13日昼過ぎから14日にかけて、平地でも雪の降る所があり、峠や山間部では積雪状態になる見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。」とした。
 13日(火)、小樽の天気も強い雨風が吹きつけた。市内の気温も、10:46に最高気温12.6℃だったが、20:06には、最低気温2.6℃を記録し、一気に冬模様となった。中山峠などは積雪で埋まり、小樽にも影響が出た。
 北海道開発局は、13日19:00から、一般国道393号の上下線、小樽市真栄~余市郡赤井川村毛無峠の15.5Km区間を積雪のため通行止とした。
 1週間前の7日(水)は、穏やかな快晴で、半袖でも過ごせる気候だったが、13日から一転して冬景色が現出した。
 市民は、まだ冬タイヤに換えていない人が大部分で、早急なタイヤ交換を迫られそうだ。
 雪に関する石狩・空知・後志地方気象情報 第1号
 北海道地区道路情報
 R230中山峠頂上最新画像