暴風雪に警戒を!札幌管区気象台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1204weater1.jpg 札幌管区気象台は、12月4日(金)14:48に、小樽など後志、石狩地方に、「石狩、後志地方では、4日夜のはじめ頃から5日明け方まで暴風雪に警戒してください」と、注意警戒を呼びかけている。
 12月4日の小樽市には、大雪,風雪,波浪,なだれ,着雪注意報が出されており、雪の注意期間は、5日明け方まで、12時間最大降雪量30cmとしている。
 4日の小樽は、朝から雪が降り、07:00に積雪3cm、午後になると雪の勢いが増し、14:00の積雪深は、19cmに増加した。1204weater2.jpg
昨日3日(木)は、最低気温1.7℃、最高気温13.9℃と、マイナス気温にならず、暖かかったため雪にはならず、雨模様の1日となった。このため道路の雪も消えていたが、1日でまた冬景色に逆戻りした。
 19cmの湿った重い雪に覆われた市街は、家も道路も真っ白になり、本格的な冬の到来を告げている。
 札幌気象台では、小樽市にもこれから暴風雪警報を予定しており、5日明け方までの警戒を呼びかけている。

 気象警報・注意報:小樽市
 気象情報:石狩・空知・後志地方
 アメダス2015年12月04日小樽(オタル)