手宮の小樽稲荷神社"例大祭"開く!67軒の露店並ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


temiyamatsuri1.jpg 手宮公園に隣接する手宮鎮守・小樽稲荷神社(末広町・木村文彦宮司)例大祭が、6月10日(金)から12日(日)の3日間の日程で始まった。
 初日は、夜中の0:58に最高気温15.9℃を観測し、その後日中は14℃前後の肌寒い気温の中、十間通りから手宮銀座街、野島通り商店街にかけて、67軒の露店が軒を連ねた。
 マンゴーやいちごを凍らせ、削って練乳をかけて食べる「いちごけずり」の露店を開く武田誠二さんは、露店の取りまとめ役。temiyamatsuri3.jpg「昨年は、水天宮のまつりと重なったが、今年は重ならず、昨年より多い露店が並んだ。いろいろな種類の店が揃っている。楽しんでもらいたい」と話した。
 地元でネパール料理を提供しているネパール茶屋が出店している他、焼き鳥、たこ焼き、わたあめ、金魚すくい、スマートボールなど、まつりらしい定番の露店が並び、まつりムードを高めていた。
temiyamatsuri2.jpg 十間通り特設ステージでは、10日に、第31回カラオケ大会予選会・小樽潮太鼓保存会による奉納太鼓。11日は、カラオケ大会予選会・小樽ブラスファイブによる金管アンサンブル演奏・餅まきや百人みこし。12日は、小樽太鼓衆鼓響の奉納演技・カラオケ大会の決勝大会を開く。
 市内の祭りは、5月27日・28日の不動院(奥沢)を皮切りに、6月の土日はほぼ毎週開かれている。水天宮(6月14日〜16日)、龍宮神社(6月20日〜22日)、住吉神社(7月14日〜16日)と小樽三大祭りも開かれる。
 平成28年小樽市内のまつり(神社例大祭)日程