第24回参議院議員選挙7/10執行 18歳以上2,163人が新参加!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 7月10日(日)投開票の第24回参議院議員通常選挙が、6月22日(水)に公示され、市内342ヶ所にポスターを掲示。18日間の選挙戦が始まった。
 小樽市選挙管理委員会は、6月24日(金)10:30から報道機関に説明会を開いた。
 公職選挙法の一部改正に伴い、選挙権を得られる年齢が、これまでの20歳以上から18歳に引き下げられ、小樽市では、有権者(6月21日現在)107,882人のうち、2,163人が新たに選挙に参加できることとなった。
 小樽市役所(花園2)別館3階第1委員会室では、期日前・不在者投票が、23日(木)から7月9日(土)8:30から20:00まで開設している。23日(木)までに、投票所整理券を全世帯に配布した。
 投票機会を拡大するため、臨時に、塩谷サービスセンター(塩谷1)集会室で7月5日(火)・6日(水)8:30から20:00まで、銭函市民センター(銭函2)第1集会室で、7月7日(木)・8日(金)8:30から20:00まで増設した。
 また、北海道選挙管理委員会の指定を受けた市内39施設の入所(院)者には、施設内で不在者投票を実施し、障害等の程度が基準に該当する人は、郵便等で投票できる。
 投票日7月10日(日)は、7:00から20:00まで市内47ヶ所に投票所を設置。学校統廃合により、「手宮西小学校」から「豊川会館」へ、「色内小学校」から「小樽市いなきたコミュニティセンター」へ変更した。
 市選管と市明るい選挙推進協議会は、7月3日(日)11:30からウイングベイ小樽(築港11)5番街1階・2階ネイチャーチャンバー、JR小樽築港駅側出入り口で、街頭啓発を予定している。
 小樽市選挙管理委員会
 関連記事