労いと期待の拍手!ミスおたる新旧交代式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 一般社団法人小樽観光協会(西條文雪会長)は、2016年ミスおたるの任期満了前日の3月30日(木)11:00から、小樽市観光物産プラザ(色内2)1番庫ホールで、2017年ミスおたる任命式と、新旧交代式を実施した。
 ミスおたる運営協議会会長を務める西條会長をはじめ、選考委員・関係者が見守る中、新ミスの川口莉奈さん(18)と澤谷明依里さん(20)を温かい拍手で迎え、西條会長から任命証が授与された。
0330missotaru1.jpg 西條会長は、「2016年のミスは、ミス潮としても活躍され、1年間やりきった充実感と貫禄とも言える雰囲気がある。新ミスは、初々しく緊張していると思う。1年間苦労や辛いこともあると思うが、色々な経験することは、2人のこれからの人生にプラスになると思う。活躍を期待する」と激励した。
 2016年のミス桑名貴子さん(21)と寺下笑加さん(24)に、応援の気持ちを込めてタスキをかけてもらい、ピンクのスーツを着た初々しいミスが誕生した。
 川口さんは、「小樽の街の良さを全国に広められますよう、精一杯務めます」と述べ、
澤谷さんは、「個性を大切に、自分らしくミスおたるの仕事をさせていただきたい。温かく見守っていただけると嬉しいです」と挨拶した。
 西條会長から、旧ミスの2人に感謝の花束が贈られた。
0330missotaru.jpg
 桑名さんは、「この1年間、ミスとしての仕事を通じて沢山の方々と出会い、様々なことを学んだ。自分自身の視野が広がり、成長できたと思う。心から感謝している。これからも小樽の街の発展と、新しいミスの方々の活躍を心から願っている」と感謝の意を伝えた。
 寺下さんは、「この1年間は、貴重な時間をいただき、潮まつりでは、50回目の記念すべき年のミスを務め、感謝している。社会人4年目の私にとって、マナーの基本や小樽の歴史を改めて学ばせてもらい、深く感謝している。小樽の美容師として貢献し、新しいミスおたるを応援する立場として頑張ってまいります」と涙ぐんだ。
 会場からは労いの温かい拍手が贈られた。
 桑名さんは、ナレーター事務所(札幌)に就職が決まり、寺下さんは、これまで勤務していた市内の美容室で仕事に専念する予定。
 関連記事