小学校の道徳教科書展示!小樽図書館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kyoukasyo1.jpg 小樽市教育委員会は、2018(平成30)年度から新たに教科化する、特別教科道徳の採択に向けての教科書(8出版社・1~6学年分)を、7月1日(土)から14日(金)まで、市立小樽図書館(花園5)2階ギャラリーで展示している。
 これまで、小学生の道徳は教科外の活動で「道徳の時間」と呼ばれ、検定のない副読本が使用されていたが、文科省は、2018(平成30)年度から、新たに「特別教科道徳」とし教科書を使用。教科書の採択に合わせ、市民に選定見本を公開することを目的として開かれた。
 同委員会庁舎3階の教科書センターでも、6月16日(金)から29日(金)まで実施。もっと市民の目に触れるようにと、現在、市立小樽図書館(花園5)2階ギャラリーでも実施している。
kyoukasyo2.jpg
 2018(平成30)年度に小学校で使用する、文部科学省の検定に合格した道徳の見本教科書は、東京書籍・学研・光村図書・光文書院・教育出版・日本文教出版・学校図書・廣済堂あかつきの8社から、1~6学年分を展示し、市民の意見を聞くアンケートも募っている。併せて、市内小学校で使われている国語・算数・理科・社会等の教科書も展示している。
 中学校の道徳は、2019(平成31)年4月から本格実施される予定。
 道徳教科書展示 7月1日(土)~14日(金)
 火〜金曜日9:30~19:00、土・日曜日9:30~17:00(整理日除く)
 市立小樽図書館(花園5)2階ギャラリー