国道5号・新「忍路トンネル」3月17日15:00開通!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 一般国道5号の小樽市忍路から桃内を結ぶ、3.5kmの路線の落石崩壊による危険箇所の解消のため、2008(平成20)年から小樽開発建設部が行っていた新トンネル整備の防災対策事業が終わり、2018(平成30)年3月17日(土)15:00から、新ルートへの交通切替が行われることが、3月15日(木)に発表された。
 同路線では、2007(平成19)年5月16日に斜面崩壊により走行車両4台が破損、約30時間通行止めが発生。同路線には、15箇所の災害危険箇所が存在し、過去15年間(平成10~24年)に17回の災害が発生していた。
 このため、小樽開発建設部では2008(平成20)年度から防災対策事業に着手し、このほど新トンネルが完成し、17日の開通にこぎ着けた。
 同路線の旧道は日本海に沿って走り、絶景を誇っていたが、新トンネルの開通により閉鎖され利用ができなくなる。
 国道5号の新しい「忍路トンネル」が開通します
 一般国道5号 忍路防災
 小樽開発建設部