8団体に助成決定!ふるさとまちづくり協働事業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市は、平成30(2018)年度小樽市ふるさとまちづくり協働事業の助成対象事業を、5月10日(木)に決定した。
 同事業は、市と市民との協働によるふるさとづくりを進めるため、主体的に行われる公益性の高いまちづくり事業を実施する団体に対して、1団体30万円を上限に助成金を交付する。
 今年度は、新規4団体・継続4団体の8団体から応募があり、4月19日(木)に、市役所(花園2)第1委員会室で選考会が開かれ審査を実施。5月9日(水)に審査委員長から市長へ報告。報告された結果を踏まえ、市長が助成団体を決定。応募した8団体すべてが助成を受けることができた。
 助成金は、小樽ファンが支えるふるさとまちづくりに寄せた寄付金の一部が使われている。
 ふるさとまちづくり協働事業
 関連記事
H30furusatomachilist.jpg