小樽タイムズガーテン レセプションパーティー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽運河沿いの倉庫群のひとつ、南浜倉庫(港町5・旧北日本倉庫)に、飲食店「小樽タイムズガーテン」(2階建450坪・150~170席)が、8月7日(火)のグランドオープンに先立ち、7月26日(木)12:00から、関係者等約100名を招待し、レセプションパーティを開いた。
timesgarten1.jpg
 同倉庫は、2010(平成22)年2月におれの小樽が撤退。8年ぶりに小樽タイムズガーテンとして生まれ変わり、運河倉庫群に賑わいをと注目を集める。
 運営するリブラアト北海道株式会社・畑中俊彦代表取締役は、「小樽の新しい名所のひとつとして機能し、様々な情報を発信していけるようスタッフ一同頑張って参ります」と挨拶。
 市民をはじめ、観光客等にゆっくりとした時間を過ごしてもらいたい想いから、石造り倉庫で、グリーンや木組を豊富に使い、年間を通じて楽しめるGardenを創出した。
timesgarten2.jpg 食をテーマに、モーニングタイムの「パンたいむ」、スイーツやドリンクタイムの「おちゃびより」、ランチとディナータイムの「おにくのひととき」の3つの店舗が、ライフスタイルに合わせて楽しめる。
 牛サーロインのグリエや仔羊の肩ローストマト煮込み、仔羊のクスクス、北海道産の野菜をふんだんに使ったサラダビュッフェ。パンビュッフェでは、道産小麦を使用した無添加・低温長時間熟成によりもちもち感を残した香り高いブリオッシュアテットやバケットクープ、おたるメロンパンなど12種類を用意。
timesgarten3.jpg 余市産カシスとラズベリー等を使った4種類のタルトとシュークリームを、エチオピア・イルガチェフェ地区産の限定農家から仕入れたこだわりのコーヒーも提供。
 招待客は、ラムや牛肉に舌鼓を打ち、フルーツタルトやシュークリーム、パンを味わい、ゆったり寛げるように用意されたハンモックに腰をかけて寛いでいた。
 プレオープンとして、7月27日(金)・28日(土)・29日(日)12:00~22:00、8月1日(水)~5日(日)10:00~21:00。(7/30・31・8/6休)
 7日(火)からグランドオープンを予定で、営業時間未定。
 関連記事