2018夏中間発表会10/13(土) 本気プロ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1013majipro.jpg 小樽商科大学(緑3)の正規課目・社会連携実践(大津晶准教授)のプロジェクト「本気プロ2018夏」の中間発表会が、10月13日(土)13:00~16:30に、小樽市公会堂(花園5)で開かれる。商大生が小樽の活性化を本気で考えるプロジェクトで、今年で11年目となる。
 7月から活動を開始した7チーム28名が、それぞれのプロジェクトの経過報告を行い、参加した地域住民と意見交換し、貴重なアドバイスをもらう。
 1.スウェーデンと小樽の架け橋作り、2.日本遺産による小樽の活性化、3.ユニバーサルデザインのススメ、4.木育から考える新たな後志の魅力、5.小樽との新しい関わり方が、大学から提供された課題で、6.商大生レンタル、7.一周まわって祝津プロジェクトは、学生自らが考えた課題。
 同発表会と同日に、すでに修了している本気プロ2018冬のプロジェクト「市場の交流拠点化チーム」が継続して、中央市場と共同で、「小樽いちべん・中央~オリジナル中央市場弁当を作ろう!」を実施する。
 本気プロ2018夏中間発表会 10月13日(土)13:00~16:30
 小樽市公会堂(花園5) 入場無料
 関連記事