晩秋の川を遡上するサケ!街中の勝納川

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽の街の秋の風物詩となっているサケの遡上が勝納川で見られている。
 急流の中には懸命に遡り、生命の営みを終えたサケの死骸がいくつも見られる。その横を番(つがい)のサケが、懸命に遡上を試みている。
salmon.jpg
 市内の勝納町・真栄・奥沢地区をぬって流れる勝納川。周辺には、酒造元や住宅が建ち並んでいる。この勝納川に架かる奥沢中央橋から、懸命に遡上するサケの姿が眺められる。
 南樽市場脇の川には、カメラを片手にサケの姿を撮影する市民の姿が見られる。例年9月中旬から1ヶ月近くがサケの遡上時期で、今年も晩秋を迎え、まもなく遡上も終わりに近づいている。
 急流の中を目を凝らすと、懸命に遡上するサケの姿が、確認できる。動画に目を凝らし、サケの姿を確認してみてください。
 関連記事