音読カップに77名挑戦!読む力や表現力を育成 (2018/11/11)

 11月10日(土)9:00~16:00に、小樽市教育委員会は、小樽市民会館(花園5)で、小中学生を対象とした「音読カップ」を開いた。

ondokucup1.jpg 小学低学年部門19名・中学年部門22名・小学高学年部門18名・中学生部門18名が、それぞれエントリー。国語の教科書から気に入った物語を選び、その中の文を、感情を込めた音読で競い合った。

 読み手として聞き手に内容を正確に伝え、日本語の美しさを体感することを通じて、児童生徒のことばに対する興味・関心を高め、各学校における国語力の向上を図ることを目的として、今年で6回目となる。

 各学校の代表が練習を重ね、レベルの高い発表となった。

ondokucup2.jpg 審査員には、gift of voice代表の石橋八千代氏、市立小樽図書館・鈴木浩一館長、FMおたる総合プロディーサー・村岡啓介氏、北海道放送アナウンサー・鎌田強氏、小樽市教育委員会・小澤倭文夫教育委員の5名が務め、発声や発音・正しい抑揚・適切な速度や間の取り方・芸術点などを厳しく審査した。

 各学年によって制限時間も異なり、低学年では「スイミー」、中学年では「一つの花」、高学年では「海の命」、中学生では「星の花が降るころに」が多く題材に選ばれていた。各部門の上位3名には、金・銀・銅賞が贈られ、カップ及び賞状が贈呈される。

 高学年部門に出場した赤穂茜音さん(6年)は、「カレーライス」を題材に選び、「できる時は、毎日練習した。お父さんの怒っている声を出すのが難しかった。本番では練習の成果を十分に出し切れなかった」と話していた。

 金 賞 (小樽ロータリークラブ賞)
  小学校低学年の部 わたなべ はのん (山の手小1)
  小学校中学年の部 かがた さら (望洋台小3)
  小学校高学年の部 のりた みき (桜小6)
  中学校の部    さくらい あやか (長橋中2)

 銀 賞 (絵本・児童文学研究センター賞)
  小学校低学年の部 おとざき ことみ (花園小2)
  小学校中学年の部 いわもと しおね (潮見台小4)
  小学校高学年の部 あいざわ あかね 桂岡小6)
  中学校の部    せんば ことは (向陽中2)

 銅 賞 (小樽商工会議所賞)
  小学校低学年の部 こず さくら (桜小2)
  小学校中学年の部 なかやま さゆう (銭函小4)
  小学校高学年の部 えちごや さつき (山の手小6)
  中学校の部    いしおか ここな (潮見台中1)

 小樽の子ども達の学力向上のために

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈