11/23の小樽に真冬日が到来!1日中マイナス気温 (2018/11/23)


 北海道は冬型の気圧配置になって寒気が強くなり、11月22日(木)は、小樽の市街も一面の銀世界が広がり、本格的な雪のシーズンの到来を告げていたが、23日(金)の勤労感謝の日は寒さが強まり、最高気温が0℃未満の日となり、今季初の一日中マイナス気温の真冬日を記録した。


 気象庁は、「最高気温が0℃未満の日を真冬日といいます。最低気温が0℃未満の日を冬日といいます」 と定義している。

 23日の小樽の気温は、最高気温が-0,2℃(13:24)、最低気温-3,2℃(20:48)で、毎時の観測データでも、すべてマイナス気温となる寒い一日となった。

 今シーズンで、最高気温がマイナスになったのは23日が初めて。ちなみに、22日の最高気温4.3℃、最低気温は-1,3 ℃で冬日だった。

 23日に積雪5㎝を記録し、最高気温も0℃未満となり一日中マイナス気温を記録したことで、小樽にいよいよ冬将軍が本格的に到来した。

 アメダス(表形式)小樽

 真冬日とは?
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈