師走に小樽長橋4で火災発生 ケガ人1名

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月28日(金)7:18頃、長橋4丁目の一般住宅2階から火災が発生し、家族6人のうち1人が、煙を吸って具合が悪くなり搬送された。
 弊社に動画を提供した塩見猛さんは、通勤途中に火災現場に遭遇。消防自動車到着前で、119番通報したという近隣住民が現場にいた。
 屋内に住民がいるかもしれないと聞き、大声で火事を知らせたが反応がなく、1階の窓を割って、中にいた10代の兄妹にも火災を知らせ、塩見さんの知らせで、外に逃げ怪我はなかったという。
 塩見さんは、市内で接骨院を営み、JICA国際緊急救助隊医療チーム隊員、北海道地域防災マスターとしての経験を活かして、住民に直ちに火災を知らせ、大事に至らなかった。
 原因等の詳細は、消防署と警察で調査中。
 小樽市内での平成30(2018)年度中の火災発生件数は、来年度と同数の32件となった。平成30年度歳末特別警戒実施中(12月31日まで)。引き続き、火気を取り扱う際の不注意や不十分な防火管理による火災の発生を防ぐよう、注意喚起を呼びかけている。
 平成30年度歳末特別警戒に実施について(小樽市消防本部・小樽市消防団)
 関連記事