森井前市長が後援会を解散!「新生小樽を築く会」発足

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 森井秀明前小樽市長が自ら仕掛けた昨年8月の出直し市長選で、新人の迫(はざま)俊哉氏に惨敗。関連記事
 その後の森井氏の動向に注目が集まっていたが、2月末に後援会通信を配布し、森井ひであき後援会を解散して、若手政治家を育てていくために「新生小樽を築く会」を立ち上げ、後援会を同会に移行することを公表している。
 これは4月に実施される市議会議員選挙をにらんでの動きで、森井支持派の議員を数人でも市議会に送り込もうとするものと見られ、次期市議選の波乱要因となるとも見られ注目される。
 森井氏が市議選に回るのではないかとの憶測が飛び交っている中で、森井氏自身は若手の政治家の育成に専念する意向とのことで、森井氏の信念である「議会改革」を目指して、平成31(2019)年の市議会議員選挙を戦っていくことを宣言している。
 あんてつ通信
shinseiotarupanf.jpg
shinseiotarupanf2.jpg