令和元年第2回定例会開会 市長提案説明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 小樽市議会は、6月13日(木)10:00から、市役所(花園2)議場で、2019(令和元)年第2回定例会を開き、迫俊哉市長による提案説明が行われた。
 会期を、6月13日(火)から7月1日(月)までの19日間に決定した。
 市長は、小樽市一般会計補正予算をはじめ、議案14号について説明。
 議案14号の監査委員の選任については、前田清貴氏が2019(平成31)年4月30日で任期満了となり、後任として林下孤芳氏を選任。6月18日(火)の会派代表質問、質疑及び一般質問が行われた後に先議する予定。
 今定例会で75回目の提案となる、議案15号小樽市非核港湾条例案について、共産党を代表して酒井隆裕議員が説明した。
 議案調査のため休会となり、17日(月)から会派代表質問が始まる。