特殊詐欺をなくそう!わんわんパトロール隊が協力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 小樽警察署(富岡1)とわんわパトロール隊(近藤満子代表)は、年金支給日の6月14日(金)9:00から、北洋銀行小樽中央支店前(稲穂2)で、特殊詐欺被害の防止を呼びかける街頭啓発を実施した。
 年金支給日にあわせ、高齢者の通りが多くなるのを予想して、警察署員4名とわんわんパトロール隊6名・4頭が合同で、銀行に訪れた人や通行人に、特殊詐欺の被害に遭わないように注意を呼び掛け、啓発物(チラシ・ティッシュ・絆創膏・マスク)50部を配布した。
 銀行に訪れた市民らは、思い掛けなく可愛らしいパトロール犬を見て興味を示し、近づいて頭を撫でたり和やかな雰囲気に包まれた。署員らは、「詐欺に気をつけてください」と声をかけていた。
 
 同署生活安全課生活安全係・油川浩一さんは「市内では、今年1月以降、特殊詐欺による被害は発生していないが、潜伏事案はあるのかもしれない。悩む前に、1人で判断せずに、必ず身内や警察に相談してください」と呼びかけた。
 全国的に見て、相変わらず息子を装ったおれおれ詐欺が発生し、警察や官公庁を名乗る詐欺など、充分な注意が必要だ。
 おたる潮まつりのねりこみで、同パトロール隊と警察署が一緒に、啓発うちわを配布する。
 見せる啓発活動にもなり、今後も人通りの多いところで実施していく予定だ。