第3回定例会 提出議案発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽市は、9月3日(火)開会の小樽市議会第3回定例会に提出予定の議案等の概要説明を、8月27日(火)15:00から、日栄聡総務部長、前田孝一財政部長らが出席して行われた。

 第3回定例会提出議案は、令和元年小樽市一般会計補正予算をはじめとする補正予算・決算関係等が20件、小樽市児童福祉施設条例の一部を改正する条例案等12件、損害賠償の決定1件、承認を求める専決処分報告1件、その他報告5件。最終本会議に提案予定の小樽市教育委員会委員の任命についての人事案件1件を予定している。

 ◎小樽市議会第3回定例会提出予定議案(PDF)

 令和元年第3回定例会補正予算案の概要については、子ども・子育て支援法施行令の一部改正(令和元年5月31日公布・同年10月1日施行)に伴い、3歳から5歳までの全ての子ども及び市民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの幼稚園・保育所・認定こども園の保育料等を無償化実施に伴う補正予算をはじめ、貸出ダンプなどの「除排雪関係経費」のほか、平成30(2018)年度決算に伴う繰越金、財政調整基金積立金などを計上し、外国人観光客用のバス公共交通マップを作成する「地域公共交通活性化事業費」などを増額した。

 一般会計の補正予算額は、8億3,725万6千円、国民健康保険事業特別会計7,979万6千円、介護保険事業特別会計5億6,112万5千円、後期高齢者医療事業特別会計等、合計15億3,563万円となる。

 令和元年小樽市一般会計補正予算において、全国高等学校野球選手権大会出場補助金や、低所得者・子育て世界向けプレミアム商品券事業費及びアスベスト対策事業費に係る予算を措置するために、令和元(2019)年8月1日に専決処分している。

 ◎小樽市議会本会議(外部)