練習船「こじま」が小樽に寄港!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kojima.jpg 小樽港に入港していた海上保安大学校の練習船「こじま」が、16日(木)に出航した。
 練習船「こじま」(総トン数2,950トン・森淳一郎船長)が、小樽港に入港したのは14日(月)昼頃で、日本一周の実習訓練の途中。
 「こじま」は8月23日に103日間の世界一周の遠洋航海を終えたばかり。今回は訓練のための実習生を乗せ、日本一周の途中に小樽港の第3ふ頭に入港したもので、一般の見学会を14日に行い、海上保安大学校への生徒募集のキャンペーンをした。
 見学会では、船上でビデオによる紹介を見た後、船内見学を行った。見学者は、船橋や航海実習室など、船内をくまなく案内され、海上保安業務について学んでいた。
 海上保安大学校のHPははこちらへ。http://www.jcga.ac.jp/