「90の詩」と「90の絵」のささやき。第2回世界ハート展!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


> One Heart,One World 第2回世界ハート展が、8日(土)から16日(日)まで、マイカル小樽5番街1階ネイチャーチャンバーで始まる。
 世界をつなぐ「90の詩」と「90の絵」。障害のある人が、日常生活の中で感じたことを、一編の詩に綴り、様々な分野で活躍中の著名人やアーティストが、その詩からイメージされるものを「ハート」をモチーフに表現した展覧会。同展は、すでに大阪・ロンドン・ソルトレークシティと公開され、多くの人に、勇気と感動の輪を広げている。
 小樽市市制施行80周年記念、NHK北海道・放送75周年記念の、第2回世界ハート展は、日本から50組、イギリスから20組、アメリカから20組の計90組の、詩と絵が生み出す素敵なハーモニーを楽しめる。
 「詩に込められた飾りのない思い。詩を受けとめ、新たに生み出された絵。One Heart,One World 感動とぬくもりをお届けします」
 3月8日(土)から16日(日)までの9日間、10:00〜21:00(最終日は17:00まで)。マイカル小樽5番街ネイチャーチャンバーで。ポスターをクリックすると大きくなります。
 インターネット展覧会はこちらから。http://www.nhk.or.jp/heart/