学徒戦死者ら347名を悼む!小樽商大慰霊祭 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ireisai.jpg 石狩湾を望む高台の小樽商科大学(緑3・秋山義昭学長)構内に、ひっそりと建つ白亜の緑丘戦没者記念塔で、終戦記念日の8月15日(水)11:59から、347名の学徒戦死者を悼む「緑丘戦没者慰霊祭」が開かれた。
 慰霊祭は、当時戦場へかり出され、若くして戦争の犠牲となった多くの学生、教職員、卒業生たちを偲ぶため、毎年8月15日に挙行されている。1969(昭和44)年に始まり、今年で39回目となった。
 この記念塔は、1969(昭和44)年に、緑丘会(同窓会)が全国に募金活動を展開し、完成させた。戦火に散った347名の氏名が刻まれた墓石と、「戦の野に果つるとも 若き命 この丘にとどまりて 消ゆることなし 友よ 安らかに眠れ」と書かれた碑石が納められている。
 キャンパスの一隅の白樺林に囲まれた同記念塔前には、全国各地から学友や家族ら約100名が集まった。若くして亡くなった友や教職員の霊を慰め、平和への誓いを新たに、正午のサイレンとともに、参列者全員で黙祷した。
ireisai1.jpg 秋山義昭学長は、「記念塔への平和の願いを永遠に後世に訴える義務がある。戦争が二度とおきないことを思い、哀悼の意を」と挨拶した。
 この後、参列者による献花が行われ、グリークラブの現役とOBによる校歌斉唱などが行われ、記念塔に眠る347名への追悼の歌声が、静に流れていた。
 札幌の鈴木譲さん(85)は、「同期は特攻で亡くなった。この終戦記念日に、同期を含む347名が眠る記念塔にお参りに来た」と偲んでいた。