15日(土)20:40 後志全域に「大雨・洪水警報」!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌管区気象台は、15日(土)20:40に、小樽市を含む後志全域に、「大雨・洪水警報」を発表した。
 これは、日本海の低気圧が、北海道に近づいているためで、「後志地方では、15日夜遅くから16日明け方にかけ、雷を伴い非常に激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒して下さい」と呼び掛けている。
 天気概況では、「15日夜は、雨で、夜遅くには雷を伴い後志地方では非常に激しく降る所があり、16日は、雨で明け方まで雷を伴い、後志地方では非常に激しく降る所があります。海の波の高さは、15日夜は、1メートルから2メートルとやや高くなるでしょう。16日は、2メートルとやや高いですがのち1メートルの見込みです」としている。
 同警報は、16日(日)09:26に解除された。
 気象警報・注意報 
 警報・注意報とは 
 札幌管区気象台HP