市内郵便局に年賀はがき到着!11/1から販売開始! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


postcard.jpg 早くも年賀はがきが、市内郵便局に到着し、11月1日(木)からの販売開始を待つばかりとなった。
 10月15日(月)9:00に、2008(平成20)年用の年賀はがき400万9,000枚が、郵便事業株式会社小樽支店(色内1・高橋勝博支店長)に到着した。
 物流・集配業務を行う同支店に到着したお年玉付き年賀はがきは、50円無地323箱、四面連刷53箱、インクジェット654箱、絵入12箱の計1,042箱、400万9,000枚。絵入のはがきは、松竹梅の絵が描かれているもので、今後、ディズニーキャラクター入りのはがきなど7万2,000枚も、追加到着することになっている。
 同支店の職員たちは、トラックから次々にはがきが入った箱を降ろし、手際良い流れ作業で、市内の32郵便局やコンビニ、販売業者などへの仕分けを行った。仕分けされたはがきは、小樽・後志管内で窓口業務を担う38郵便局に配送された。今年は、昨年よりも248箱少ないが、同支店総務課では、「昨年の売上や需要の動向を見て、随時需給調整する」としている。
 年賀はがきは、11月1日(木)から来年1月18日(金)まで販売され、投函は12月15日(土)からの予定となっている。年賀はがきの到着と販売で、小樽にも年末の足音が聞えてきた。